お葬式に出席する場合に大事なマナーとしてネクタイや小物の注意点

お葬式のときの服装やネクタイ、小物などの気をつけるマナーは

お葬式に出席の際は服装や小物に注意が必要

お葬式の服装には昔からの決まりごとがあり、これは守ってお葬式には出席しなくてはいけません。
これは男性女性の区別無く決まったルールがありますので、守らなくてはなりません。
ただ仕事の関係などでどうしても喪服では出られないというときがありえますので、そういったときには最低限のルールがありますので、それさえ外さなければ大丈夫です。
平服での出席の場合は男性は地味な色のスーツに靴下、靴、ネクタイは黒、ワイシャツは白の無地にしましょう。
女性も地味な色のワンピースやスーツにしましょう。
アクセサリーは身につけないのがベターですが、真珠の目だたないものはOK とされています。
また、どうしても黒のネクタイが無い場合には腕に喪章が必要なので注意が必要です。

色は漆黒が絶対小物や装飾品には十分注意を

喪服を着用する場合はもちろん色は黒で男性はネクタイが漆黒の光沢の少ないもの、さらにワイシャツは白の無地、靴下と靴は黒にします。
女性は黒の喪服用のワンピースか上下、和服の場合も黒一色、柄はなし、装飾品は原則つけない、バッグは黒一色、洋装の靴は黒と覚えておけばほぼ間違いないです。
数珠は略式のものでよく、男女でものが違うのでそれには注意することとお香典は香典袋にキチンと入れて渡しましょう。
お焼香に関しては焼香の番が来たらまず僧侶と遺族に一礼、それから数珠を左手にかけ右手で抹香をつかみ額に押し頂き、静かに香炉の上にくべ、合掌をしてから少し下がり、遺族に一礼して下がるまでが手順になります。
このように守るべきマナーをしっかり覚えておき、ふいの際に備えておきましょう。